相談無料

歯並び相談室

歯科医師登録

相談と回答


11才 娘の反対咬合

質問の項目:治療期間 |投稿日:2017/5/11 4:09  |投稿者:はるまま  (奈良県/ 40歳/ 女性)


 こんにちは。  11歳の娘が反対咬合で8歳より通院していましたが、今年、外科矯正になるの […]
質問コメント

プロ先生


はるままさんへ
おはようございます。
外科矯正になるから定期観察に変更するとのことですね。
担当の先生の説明が不十分だったと思います。

まず、はじめに矯正検査と診断をした際に将来的に外科矯正になる可能性の説明があったと思います。
実際、反対咬合や開咬といった症状の場合、程度の差はあることにせよ、将来的な外科矯正の可能は否定できません。

つぎに、定期観察になりました。とのことですが、
定期観察には2つのメリットがあります。
1点目 矯正治療をしてもほとんど効果がない状況ですから、休憩するという意味で患者さん御自身の負担が楽になる
2点目 虫歯などの予防が可能

つまり、1も2も別段必要がなければ、治療を中止してもかまわいと思います。

また、外科矯正になると断言したわけでなく
顎の成長発育が終了するまで、積極的な治療をしても効果がすくないのでしばらくは休憩しましょうという意味合いでよろしいと思います。

最後になりますが、外科矯正治療もメリットがたくさんありますので、よかったら、サイトの説明をのぞいてください。

コメントを送る

© 2016 HANARABI All Rights Reserved.

TOP